35歳の女性が妊娠できる確率ってどのぐらい?

妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。

 

一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていき、40代ではひと桁となります。高度医療においては妊娠確率は自然妊娠より上がりますが、35歳女性を境目に妊娠確率が下がる事は同じです。

 

もちろん人によって個人差はありますが、妊娠を希望するのであれば早い内に病院に行き検査や妊娠指導と受ける事が非常に大切なのです。

 

35歳からの効率的なステップアップについて

35歳を境目に妊娠確立が下がる理由として、一番は卵子の老化が問題とされています。通常女性の卵子は母親の胎内にいる内に元が出来、出生後に新しく卵子が作られる事はないのです。その卵子が毎月の排卵を得て減っていく上、体の衰えと共に卵子も衰えていくからです。

 

規則正しい生活やストレスをためない等で卵子の老化を遅らせる事は出来ますが、35歳の女性が20歳のころの自分と同じ卵子を持ち続ける事は難しいです。この卵子の老化ですが不妊の検査では卵子の反応は分かっても、殻の厚さや空砲状態等は調べる事が出来ないのが現状です。ではどうすれば分かるかと言うと、ステップアップして卵子を実際にチェックしながら受精する方法のみです。

 

培養液の中で分割を繰り返す卵子は人の目から見て問題点が分かりやすいので、第2子第3子を希望した際の良い対処法が分かる事も多いです。

 

35歳すぎの女性が高度医療を選ぶ為の目安

高度医療をするクリニックでは、妊娠確立に10パーセント以上もの差があるクリニックがあります。当然良い妊娠確立のクリニックにお願いしたいのが人情ですが、実際年齢と妊娠確立の繋がりはあっても施術によって大きな差が出る事は少ないです。

 

なぜなら妊娠は精子と卵子が受精する事によって起こるので、人の手はあくまでも補助でしかないからです。ではなぜこんなに差があるのかと言うと、採卵の後培養液に何日付けているかの差です。

 

一般的に培養液の中はお腹に比べ過酷な状況なので、培養液で長く生きた受精卵は強いと見なされ妊娠率があがります。

 

しかし年齢を重ねて卵子が弱ると培養液で長く生きる事が難しくなる為、妊娠率より培養日数を考慮した方が良い場合も多いのです。

 

関連ページ

高齢で流産後に妊娠する確率は?
高齢で流産してしまったあと、またすぐに妊娠しないと!と焦ってしまう人もいると思います。確かに高齢の場合妊娠率が下がってしまうため、妊娠しにくくなりますよね。それではどれくらいの確率で妊娠できるのでしょうか?流産の確率と一緒に見ていきたいと思います。
高齢の妊活は冷え性改善が肝!
女性は冷え性の方が多いと思います。でも冷え性ってなんとなく当たり前になっていて改善しようとしなかったり、あまり重要視されていないことが多いのですが、実は高齢で妊活するにあたり冷え性改善は肝になってくるのです!それでは詳しくお話ししましょう。
高齢になるほど流産の確率は上がる?
高齢になればなるほど流産の確率は上がってしまうって本当?流産にならなためにはどうすれば良いのでしょう?
妊活するならお早めに!高齢妊活のリスクとは?
近年は晩婚化から初産が40代という人も少なくありません。高齢になると妊娠に至るまでもなかなか大変です。妊娠率の低下、流産率があがることから無事に妊娠に至るまでに努力が必要になってきます。
高齢出産にはリスクがつきもの!?
現代社会において第一子の出産年齢は年々上昇しており、2013年の全国平均は30.4歳となっています。高齢になればなるほど出産のリスクは高くなるのでしょうか?
高齢妊活は何か特別なことをする必要あるの?
晩婚化が進んでいる現在、高齢出産する人も多くなってきています。しかし20代の人に比べると、高齢で自然妊娠する事は非常に難しくなります。高齢妊活のために何すると良いのかについてご紹介します。
二人目の妊活が高齢は問題ない?
現代は初産が35歳を超える人が4人に1人と言う時代なので、当然その後に続く二人目も高齢出産と言う人が多い事になります。二人目の妊活が高齢な場合は問題ないのでしょうか?