二人目の妊活が高齢は問題ない?

現代は初産が35歳を超える人が4人に1人と言う時代なので、当然その後に続く二人目も高齢出産と言う人が多い事になります。

 

妊活において精子と卵子が若い状態の方が良いと言うのは周知の事実ですが、これは二人目も同様です。

 

卵子と精子が老化すると染色体異常が増える他、受精能力が落ちるので長い間不妊で悩む原因にもなります。

 

しかし高齢である事を意識し人よりも体調に気をつける事で、可愛い子供を授かることは十分に可能です。

 

二人目は妊娠しやすい?本当のところはどうなの?

産まれる前は子供は一人で十分と思っていても、いざ産まれると二人目が欲しくなる人は多くいます。しかし年齢を重ねると妊娠率が落ちるのは二人目も同様で、精子卵子共に老化していれば受精能力は落ちます。

 

その為まずは受精する為に不妊治療を始める人が多いのですが、二人目のメリットは着床率が一人目よりも良いと言う事です。これは一人目と二人目の間がそこまで開いていない人に限りますが、出産の時に子宮内膜やのう腫も一緒に流れ出る為出産後しばらく子宮が綺麗な状態だからです。

 

その為同年齢の人に比べ着床率が良く、妊娠しやすいイメージに繋がっているのです。しかし染色体異常や流産の危険性等のリスクは初産の高齢出産と変わらないので、二人目だからと言って問題がないとは言い難いのが事実です。

 

高齢出産のリスクを減らす為に出来る事!

リスクもある高齢出産での二人目ですが、もちろん良い事もあります。子供に弟か妹が出来る事によって産まれてくる子供共々良い刺激となり成長するし、何より産まれてきた子供はかけがえのない宝物になります。

 

その為には万全に産める様、産まれる前から出来る限りの事をする必要があります。若い人との一番の違いは受精卵が老化している事なので、流産率があがる事です。

 

40歳を超えると約50パーセントの確率で流産のリスクがある程なので、無理をせず安静に体調を整える事が大切です。

 

また、病院によっては受け入れ可能年齢を定めているところもありますが、なるべく家の近くの信頼出来る病院にお世話になると良いです。

 

関連ページ

高齢で流産後に妊娠する確率は?
高齢で流産してしまったあと、またすぐに妊娠しないと!と焦ってしまう人もいると思います。確かに高齢の場合妊娠率が下がってしまうため、妊娠しにくくなりますよね。それではどれくらいの確率で妊娠できるのでしょうか?流産の確率と一緒に見ていきたいと思います。
高齢の妊活は冷え性改善が肝!
女性は冷え性の方が多いと思います。でも冷え性ってなんとなく当たり前になっていて改善しようとしなかったり、あまり重要視されていないことが多いのですが、実は高齢で妊活するにあたり冷え性改善は肝になってくるのです!それでは詳しくお話ししましょう。
高齢になるほど流産の確率は上がる?
高齢になればなるほど流産の確率は上がってしまうって本当?流産にならなためにはどうすれば良いのでしょう?
妊活するならお早めに!高齢妊活のリスクとは?
近年は晩婚化から初産が40代という人も少なくありません。高齢になると妊娠に至るまでもなかなか大変です。妊娠率の低下、流産率があがることから無事に妊娠に至るまでに努力が必要になってきます。
高齢出産にはリスクがつきもの!?
現代社会において第一子の出産年齢は年々上昇しており、2013年の全国平均は30.4歳となっています。高齢になればなるほど出産のリスクは高くなるのでしょうか?
高齢妊活は何か特別なことをする必要あるの?
晩婚化が進んでいる現在、高齢出産する人も多くなってきています。しかし20代の人に比べると、高齢で自然妊娠する事は非常に難しくなります。高齢妊活のために何すると良いのかについてご紹介します。
35歳の女性が妊娠できる確率ってどのぐらい?
妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていくと言われています。実際どのぐらいの確率なのでしょうか?