会社へ妊活報告は、必要?不要?

結婚して、新しい環境にも慣れ、そろそろ赤ちゃんが欲しいという気持ちが高まり、妊活ライフをスタートさせることになった女性の中には、妊活中である事を会社に報告すべきなのかと悩んでしまう方も多くいるかと思います。

 

そこで、今回は、会社へ妊活報告をする必要はある?ない?について、調べてみました。

 

会社へ妊活報告をすべき?

女性にとって、妊娠・出産は、人生の大イベント。まさに人生の岐路。

 

まだ産まれてはいない妊娠中ですがお腹の赤ちゃんの事ばかり考えるようになればもう立派なママです。母親と言うものは、常に我が子のことが心配です。まして妊娠中であるなら尚更です。母親の健康状態は、お腹の胎児の健康状態を大きく左右しますので、妊娠すれば、胎児に悪影響が出ないように仕事をセーブする必要があります。

 

無理はしない程度に慎重に行動するなども大切ですし、また妊娠するとつわりによる体調不良、定期検診など、会社を休むことも多くなりますので、妊娠はなかなか隠し通せることではないと言えます。

 

妊娠していることを報告せずにいると会社の負担は大きくなり、扱いにくい社員と思われて、最悪、クビになってしまったり、リストラの対象になってしまう恐れもありますので、妊娠は会社に報告すべきではないかと思います。

しかし、これはあくまでも妊娠した場合です。まだ妊活の段階では、容易に会社に報告すべきではないと言えます。なぜなら妊活は非常にデリケートな問題であり、妊活をスタートさせたからと言って、必ず妊娠するとは限らないからです。

また、会社側は女性社員が結婚すればいずれは妊娠するということを想定していますので、妊娠した女性社員に対して、行うべき事は多くあるかと思いますが、妊活の段階で会社に出来る事はありませんので、わわざわざ妊活報告はする必要はないと言えるでしょう。

 

更に妊活報告=子作り宣言のように捉えてしまう方も多くいますので、堂々と、妊活報告をすることは恥ずかしいことのように思えますし、陰口を叩かれてしまったり、好奇の目で見られてしまうことだってありますよね。そうなってしまえば、会社にいることさえ困難となります。

 

妊活報告をする場合とは?

妊活中であることを会社へ報告する必要はないと言いましたが、もし不妊治療を頻繁に受けている場合は、会社の理解が必要となりますので、その場合は妊活報告をすべきかと思います。

 

会社や上司、同僚、部下などに負担がかかることがないとは言えませんので、きちんと妊活中であることを伝え、理解を得ておくことが大切です。妊活や妊娠に理解を示せない会社には、妊活中である事を報告しにくいですが妊活に理解を示してくれる会社であれば、妊活する社員を温かく迎えてくれるでしょうし、いつ妊娠しても良いように社内の体制をしっかりと整えてくれるかと思います。

 

これにより、社員同士の絆が深まり、職場環境が前より良くなる可能性があります。

 

しかし、元々そのような職場環境であれば、わざわざ妊活報告をせずとも周りが自然と助けてくれる可能性が高いですので、特に交流の多い同僚には報告しておいた方が良いでしょう。妊娠は容易に出来ると考えられがちですが妊娠とは、神秘であり奇跡です。赤ちゃんが出来ずに苦しんでいる女性は特にそのように感じることと思います。

 

妊活に対して、ポジティブな気持ちを持っている会社や社員は決して多いとは言えません。しかし、晩婚化が進んだ現代社会において、近年、妊活は非常に身近なものとなって来ていますので、妊活に前向きな姿勢で取り組めるような社会になる日は近いのではないでしょうか。

 

関連ページ

妊活女性はこんな食品を食べてはダメ!
妊活女性の食事はとても重要なものとなり、しっかりとバランスの良い食生活を考える事が大切です。特に、妊活中に避けておきたい食品や食べてはダメなものがある事は知っておきましょう!
妊娠の確率と年齢の関係は反比例する?
妊娠する確率は、年齢が上がれば上がるほど下がってきてしまうのでしょうか?妊娠の確率と年齢の関係は反比例するの?
35歳はもう遅い?理想的な妊活スタート時期は?
妊娠の為に努力する妊活をしている人は多くいますが、実は結婚まで妊娠に対する対策を全くしていない人は妊娠可能な女性の8割と言われています。そんな状態でも妊活をしてすぐに妊娠する人もいますが、中には中々授からず焦燥感を覚える人もいます。一般的に卵子精子共に35歳を過ぎると老化が始まると言われているので、その前に妊活を始めるのが理想的とされています。もちろん35歳を過ぎた場合でも適切な治療によって妊娠は可能ですが、その場合でも一日も早い方が良いのは事実です。
35歳からの妊活!気をつけるポイントは?
晩婚や仕事の多忙等様々な理由で、35歳を過ぎてから妊活を始める人が多くいます。現代はハラスメントと捉えられる事を危惧してハッキリと年齢で区切る事を口にする人は少ない上、40歳を超えても妊娠する人を見ると女性の妊娠可能年齢が上がった様に錯覚しがちです。しかしどんなに見た目が若くても、子宮年齢は年齢相応です。一般的に35歳からの出産は高齢出産となるので、35歳からの妊活は年齢を意識しながら行うべきです。
妊活をはじめる前に夫婦でやるべき大切なポイントとは?
妊活にあたっては、どうしても女性の方に活動の意識と実践が集中してしまいがちです。赤ちゃんを身ごもるのは女性だからです。妊活は夫婦そろっての共同活動であるという意識を男性側にも持ってもらうことは、大変有意義です。男性側の意識の共有や実践は、元気で健康な赤ちゃんを産むためには不可欠といっても過言ではありません。妊活をはじめる前に夫婦でやるべき大切なポイントについて解説していきます!
ミトコンドリアが卵子や精子を元気にする!
ミトコンドリアという言葉を聞いたことがありませんか?学校の生物の時間で習った方もいらっしゃるかもしれませんが、このミトコンドリアはただ学問の世界で聞くだけのものではなく、じつは私たちの健康にもっとも身近に存在しているものなのです。女性の方であれば卵子が、男性の方であれば精子の働きが低下してくるとなんとなく生活のリズムが乱れ、一般にはそのような変化は老化ともいわれるようですが、しかし実際には、体内のミトコンドリアの活動によるものが大きいのです。
妊活中の喫煙・飲酒は厳禁!
妊娠についてのあたなの疑問をすべて解決します!妊娠中にはたくさんの疑問が出てくるでしょう!疑問はすぐに解決しておきましょう!
カルシウムが妊活中に大切な理由って?
妊娠中、健やかな母体を維持していく為に、また赤ちゃんがスクスクと正常に育って行く為には、様々な栄養素の摂取が重要となります。カルシウムが妊活中に大切な理由とは?
妊活中にアイスを食べない方が良い理由とは!?
女性は甘いものが好きな人も多いですよね。アイスを食べたいという方もいるでしょう。最近ではリラックス効果なども注目されているだけに食べてはいけないとは言えませんが、体を冷やしてしまうのでほどほどにしておきましょう。
ガタガタ基礎体温では妊娠できないの?
流産した直後や仕事のストレスなどで女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと基礎体温が安定しないことがあります。このままの状態では妊娠しにくいので、運動や趣味でストレス発散したり、漢方薬治療などで体質改善してみましょう。
妊活サプリと言えば人気のこちらがおすすめ!
葉酸サプリを飲んでもちっとも効果が出ない、そんな方はベジママを試してみませんか。ピニトールという成分で体質改善しながら妊活しやすい体を作ってくれますよ。もちろん葉酸もしっかり配合されています。