妊活するならお早めに!高齢妊活のリスクとは?

高齢になると妊娠がしにくくなるのはデータからもわかっています。

 

40代にもなると自然妊娠をする確率はわずか5%ほどになります。

 

そのことからわかる通り高齢出産に入る年代の人は、早めの妊娠が良いと言えます。細かく説明すると、卵子は年齢とともに老化していくのです。卵子の老化によって染色体異常や卵子自体の生命力が低下すると言われています。

 

そもそも卵子は一生のうちに作られる数が決まっています。20代のうちは12万個なのに対し、40歳になると5000個以下になってしまい卵子の質も低下して、茶色く変性したり萎縮してしまったりします。さらに体外受精の成功率も25歳が20.5%だったのが35歳になると17%ほど、40歳で8%にまで低下してしまいます。卵子の老化というのは、食い止めることはできないものなのです。

 

このことからわかるように加齢によって妊娠しづらくなるのは本当です。

 

 

できるだけ早く妊活することをおすすめします!

もしも将来的に妊娠は考えているけど、なんとなくまだ妊活も始めていない、仕事が忙しいからもう少しあとでいいと考えているならできるだけ早く妊活を始めることをおすすめします。

 

体力的に若いつもりでも、加齢による卵子の老化は止められないのです。高齢出産になっても体力があるから妊娠できるとか、健康だからすぐに妊娠できると考えている人は、考えを改めてほしいですね!そして妊活を決意したらまず、病院を探しましょう。高齢出産になるので、そのことにたいして病院がしっかり準備して対応してくれるかどうか、妊娠前に自分にあった良い病院に出会えるように今から探していきましょう!

 

パートナーと話し合うことが大切

次にしっかりパートナーに意思を伝えて、パートナーと2人で妊活をしていくということをきちんと話し合いましょう。女性だけでなく男性も加齢とともに精子の運動量が減ったり、元気な精子の割合が低くなるので妊娠率が低下することがあります。男性側も妊活をする意識をしっかり持ってほしいですね!

 

そして高齢の妊活はリスクも多いということを理解すること。

 

高齢になるとそれだけ流産の確率もあがってしまいます。せっかく妊娠しても流産してしまったという人も多いです。でもそこであきらめるのか、妊活を続けるのか?しっかり強い意思を持ってほしいですね。流産で心の傷を癒すのに時間がかかる人もいるでしょう。高齢だから早く次の子作りをしないと…と焦ってしまう気持ちもあると思いますが、焦ってもいい結果はなかなかでないものです。焦らずにゆっくり体が回復するのを待ちましょう。

 

いかがでしたか?

 

高齢の妊活はどうしてもリスクがつきものです。若い人と同じようにしても成果がでないこともあると思います。

 

気持ちばかり焦ってもいけませんし、リスクを理解したうえで、パートナーとともに妊活をしていくこと。そして妊活を始めるなら早いほうが絶対にいいです!迷っている人は、決断して次のステップにすすみましょうね!

 

関連ページ

高齢で流産後に妊娠する確率は?
高齢で流産してしまったあと、またすぐに妊娠しないと!と焦ってしまう人もいると思います。確かに高齢の場合妊娠率が下がってしまうため、妊娠しにくくなりますよね。それではどれくらいの確率で妊娠できるのでしょうか?流産の確率と一緒に見ていきたいと思います。
高齢の妊活は冷え性改善が肝!
女性は冷え性の方が多いと思います。でも冷え性ってなんとなく当たり前になっていて改善しようとしなかったり、あまり重要視されていないことが多いのですが、実は高齢で妊活するにあたり冷え性改善は肝になってくるのです!それでは詳しくお話ししましょう。
高齢になるほど流産の確率は上がる?
高齢になればなるほど流産の確率は上がってしまうって本当?流産にならなためにはどうすれば良いのでしょう?
高齢出産にはリスクがつきもの!?
現代社会において第一子の出産年齢は年々上昇しており、2013年の全国平均は30.4歳となっています。高齢になればなるほど出産のリスクは高くなるのでしょうか?
高齢妊活は何か特別なことをする必要あるの?
晩婚化が進んでいる現在、高齢出産する人も多くなってきています。しかし20代の人に比べると、高齢で自然妊娠する事は非常に難しくなります。高齢妊活のために何すると良いのかについてご紹介します。
二人目の妊活が高齢は問題ない?
現代は初産が35歳を超える人が4人に1人と言う時代なので、当然その後に続く二人目も高齢出産と言う人が多い事になります。二人目の妊活が高齢な場合は問題ないのでしょうか?
35歳の女性が妊娠できる確率ってどのぐらい?
妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていくと言われています。実際どのぐらいの確率なのでしょうか?