高齢になるほど流産の確率は上がる?

高齢出産は様々なリスクが高まります。その中で怖いのが「流産」ですよね。

 

流産はどんな妊婦さんにもおこる可能性があるものですが、これは年齢が上がるにつれて流産がおきる確率も上がっていくのです。

 

年齢別でみてみると、25歳~30歳までだと10%の流産発生率なのにたいして、35歳になると一気に20%ほどに上がります。これが40歳をこえると40%近くにまで上がってしまいます。

 

これは年齢があがると仕方ないことでもあります。年齢とともに卵子も老化してしまうため、その老化によって卵子の染色体異常だったり、卵子自体の生命力が下がってしまうためです。これらのことから流産を起こしてしまうのです。そもそも卵子というのは、生まれたときに一生分が体の中にあるのです。

 

正確には卵子のもととなる細胞のことですが、そこから毎月卵子となっていって、良いものが排卵されていくのです。

 

そのため毎月排卵が起きるごとに、その卵子の元の細胞は減っていきます。さらに体の状態によって細胞も老化していくため、卵子の質が下がってしまうそうです。卵子の質が下がると、お腹の中で健康な赤ちゃんが育たたずに流産してしまうのです。

 

初期の流産は赤ちゃんが原因?

高齢になると流産率が必然的にあがってしまうのです。しかし、初期におこる流産はほとんどが赤ちゃん側の原因であり、母体が高齢だから…というわけではありません。

 

あくまで卵子の老化によるものが大きいです。さらに高齢になると流産に限らず様々なリスクが高まります。高齢出産の場合、胎児の染色体異常のリスクが高まります。特に言われているのがダウン症です。

 

ダウン症は母体の年齢=卵子の年齢が関係していると言われています。ダウン症の発症率は年齢が上がるごとに高くなります。

 

20代の場合ダウン症の発症率は0.1%なのにたいし、35歳になると0.3%、40歳だと1%と言われています。最近は高齢出産になる場合、出生前診断を受ける妊婦さんも増えています。出生前診断とは出生前に染色体異常の検査するものです。

 

流産しないためにできることをやる!

高齢だと流産の確率があがるため、高齢の場合流産しないで妊娠に至るために、できることをしておく必要がありますね。

 

妊娠前から葉酸を摂取すると流産の確率も下げると言われています。

 

これから妊娠を希望する高齢の方は特に、葉酸を摂取するように心がけましょう。

 

そして無事に妊娠した人も、妊娠中も葉酸を摂取しましょう。最近の葉酸サプリは、葉酸だけでなく妊娠中に必要とされる栄養素も配合されていてより効果的に作られています。積極的に葉酸をとって、あとはバランスの良い食事をとりストレスをあまり溜めないでゆったりと過ごしたら、きっと赤ちゃんにも良い影響を与えるんじゃないかなぁと思います!

 

妊活中の夫婦におすすめの葉酸サプリ

 

関連ページ

高齢で流産後に妊娠する確率は?
高齢で流産してしまったあと、またすぐに妊娠しないと!と焦ってしまう人もいると思います。確かに高齢の場合妊娠率が下がってしまうため、妊娠しにくくなりますよね。それではどれくらいの確率で妊娠できるのでしょうか?流産の確率と一緒に見ていきたいと思います。
高齢の妊活は冷え性改善が肝!
女性は冷え性の方が多いと思います。でも冷え性ってなんとなく当たり前になっていて改善しようとしなかったり、あまり重要視されていないことが多いのですが、実は高齢で妊活するにあたり冷え性改善は肝になってくるのです!それでは詳しくお話ししましょう。
妊活するならお早めに!高齢妊活のリスクとは?
近年は晩婚化から初産が40代という人も少なくありません。高齢になると妊娠に至るまでもなかなか大変です。妊娠率の低下、流産率があがることから無事に妊娠に至るまでに努力が必要になってきます。
高齢出産にはリスクがつきもの!?
現代社会において第一子の出産年齢は年々上昇しており、2013年の全国平均は30.4歳となっています。高齢になればなるほど出産のリスクは高くなるのでしょうか?
高齢妊活は何か特別なことをする必要あるの?
晩婚化が進んでいる現在、高齢出産する人も多くなってきています。しかし20代の人に比べると、高齢で自然妊娠する事は非常に難しくなります。高齢妊活のために何すると良いのかについてご紹介します。
二人目の妊活が高齢は問題ない?
現代は初産が35歳を超える人が4人に1人と言う時代なので、当然その後に続く二人目も高齢出産と言う人が多い事になります。二人目の妊活が高齢な場合は問題ないのでしょうか?
35歳の女性が妊娠できる確率ってどのぐらい?
妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていくと言われています。実際どのぐらいの確率なのでしょうか?