高齢で流産後に妊娠する確率は?

高齢で流産を経験してしまった場合、次にまた妊娠できるか不安になっている人も多いと思います。

 

実際に高齢で流産を経験したあとの妊娠は可能なんでしょうか?確率でいうとどれくらいなんでしょう?

 

年齢別の自然妊娠率

まず年齢別の自然妊娠率を見ていきたいと思います。

 

年齢が若いほど自然妊娠率は高くなります。25歳~30歳で25~30%、これが35歳まであがると妊娠率は18%ほどに下がります。

 

これが40歳になると一気に妊娠率は下がって5%と一桁になってしまいます。さらに、45歳まで年齢があがると、自然妊娠をする確率は1%ほどになってしまいます。これらのことから女性はだいたい37歳くらいから妊娠率の低下スピードがアップしていきます。

 

つまり高齢であればあるほど妊娠率は低くなるため、流産を経験したあとの妊娠率は、年齢だけを見たら確実に低下してしまうということです。

 

ただ、科学流産や稽留流産をして処置をしたあとの子宮はきれいな状態であり、着床しやすくなるということが医学的に言われています。そのため高齢で流産してしまったあとの妊娠率は、少し上がるのかもしれません。しかし確かなことはわかりませんし、流産後の体調や子宮の具合にもよりますので一概には言えません。それに流産したあとや流産手術のあと子宮内膜が薄くなってしまい妊娠しにくいとも言われています。

 

流産の発生率ってどのぐらい?

さらに年齢別の流産発生率を見てみると、35歳までだと25%の流産発生率に対して、40歳になると一気に40%とアップしてしまいます。

 

45歳にもなると50%で2人に1人は流産してしまうという高確率になってしまうのです。

 

 

つまり流産後に子宮の状態がよいと、妊娠率は少しあがるかもしれませんが、また流産してしまう可能性というのも必然的に高くなってしまうのが現実です。

 

これは卵子の老化が流産率と密接に関係しているからです。そして加齢や老化による卵子の染色体異常や卵子自体の生命力が低下してしまうのも流産の原因になっています。

 

これらのことから、高齢で流産した場合は、すぐにまた妊娠しなくては!と焦る気持ちも出てくると思いますが焦りは禁物です。

 

早く妊娠しようと焦ると体がまだ妊娠に向いていない状態かもしれません。そんな状態で妊娠したら、また流産してしまうこともあります。高齢であるため流産率が若い人よりも高いため、普通の人より気を付けないといけません。

 

流産したと2~3回ほど生理が順調にきてからの子作り再開を目指しましょう!

関連ページ

高齢の妊活は冷え性改善が肝!
女性は冷え性の方が多いと思います。でも冷え性ってなんとなく当たり前になっていて改善しようとしなかったり、あまり重要視されていないことが多いのですが、実は高齢で妊活するにあたり冷え性改善は肝になってくるのです!それでは詳しくお話ししましょう。
高齢になるほど流産の確率は上がる?
高齢になればなるほど流産の確率は上がってしまうって本当?流産にならなためにはどうすれば良いのでしょう?
妊活するならお早めに!高齢妊活のリスクとは?
近年は晩婚化から初産が40代という人も少なくありません。高齢になると妊娠に至るまでもなかなか大変です。妊娠率の低下、流産率があがることから無事に妊娠に至るまでに努力が必要になってきます。
高齢出産にはリスクがつきもの!?
現代社会において第一子の出産年齢は年々上昇しており、2013年の全国平均は30.4歳となっています。高齢になればなるほど出産のリスクは高くなるのでしょうか?
高齢妊活は何か特別なことをする必要あるの?
晩婚化が進んでいる現在、高齢出産する人も多くなってきています。しかし20代の人に比べると、高齢で自然妊娠する事は非常に難しくなります。高齢妊活のために何すると良いのかについてご紹介します。
二人目の妊活が高齢は問題ない?
現代は初産が35歳を超える人が4人に1人と言う時代なので、当然その後に続く二人目も高齢出産と言う人が多い事になります。二人目の妊活が高齢な場合は問題ないのでしょうか?
35歳の女性が妊娠できる確率ってどのぐらい?
妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていくと言われています。実際どのぐらいの確率なのでしょうか?