高齢出産の基礎知識記事一覧

高齢で流産を経験してしまった場合、次にまた妊娠できるか不安になっている人も多いと思います。実際に高齢で流産を経験したあとの妊娠は可能なんでしょうか?確率でいうとどれくらいなんでしょう?年齢別の自然妊娠率まず年齢別の自然妊娠率を見ていきたいと思います。年齢が若いほど自然妊娠率は高くなります。25歳〜30歳で25〜30%、これが35歳まであがると妊娠率は18%ほどに下がります。これが40歳になると一気...

冷え性は女性の大半の人が経験しているものですが、冷え性は体質だけでなく日々の生活を少し意識するだけで大きく改善することができるのです。高齢で妊活をしている人は、若い人よりも妊娠率がさがりますし、そこに冷え性まであったら、さらに妊娠から遠ざかってしまいますよね。冷え性とは体が冷えていることだけではなく、血液の流れが悪いということです。血流が悪いと妊娠で重要な卵巣や子宮にも血液が流れにくくなるというこ...

高齢出産は様々なリスクが高まります。その中で怖いのが「流産」ですよね。流産はどんな妊婦さんにもおこる可能性があるものですが、これは年齢が上がるにつれて流産がおきる確率も上がっていくのです。年齢別でみてみると、25歳〜30歳までだと10%の流産発生率なのにたいして、35歳になると一気に20%ほどに上がります。これが40歳をこえると40%近くにまで上がってしまいます。これは年齢があがると仕方ないことで...

高齢になると妊娠がしにくくなるのはデータからもわかっています。40代にもなると自然妊娠をする確率はわずか5%ほどになります。そのことからわかる通り高齢出産に入る年代の人は、早めの妊娠が良いと言えます。細かく説明すると、卵子は年齢とともに老化していくのです。卵子の老化によって染色体異常や卵子自体の生命力が低下すると言われています。そもそも卵子は一生のうちに作られる数が決まっています。20代のうちは1...

現代社会において第一子の出産年齢は年々上昇しており、2013年の全国平均は30.4歳となっています。中でも東京は晩婚化が進んでいることもあり、平均出産年齢は31歳を超えています。また女性の社会進出を背景に、結婚してからもすぐに妊娠を望まないカップルの数も増加しています。よって30代に突入し、仕事や生活が落ち着いてから妊娠・出産を経験する人が増えていますが、高齢出産は母子ともに様々なリスクがあります...

晩婚化が進んでいる現在、高齢出産する人も多くなってきています。しかし20代の人に比べると、高齢で自然妊娠する事は非常に難しくなります。現に、高齢で出産をした人の中には不妊治療を経験した人も多くいます。不妊治療というと、とても高額な費用が必要となるため、経済的にも大きな負担となってしまいます。そのため、出来るなら自然妊娠出来る事が理想となりますね。そこで今回は、高齢妊活のために何すると良いのかについ...

現代は初産が35歳を超える人が4人に1人と言う時代なので、当然その後に続く二人目も高齢出産と言う人が多い事になります。妊活において精子と卵子が若い状態の方が良いと言うのは周知の事実ですが、これは二人目も同様です。卵子と精子が老化すると染色体異常が増える他、受精能力が落ちるので長い間不妊で悩む原因にもなります。しかし高齢である事を意識し人よりも体調に気をつける事で、可愛い子供を授かることは十分に可能...

妊娠を希望する人にとって、自分の年齢ではどのくらいの妊娠確率なのかは気になる物です。一般的に自然妊娠では35歳女性を境目に妊娠確率は少しずつ減っていき、40代ではひと桁となります。高度医療においては妊娠確率は自然妊娠より上がりますが、35歳女性を境目に妊娠確率が下がる事は同じです。もちろん人によって個人差はありますが、妊娠を希望するのであれば早い内に病院に行き検査や妊娠指導と受ける事が非常に大切な...