妊活中は早寝・早起きすることが大切!

妊活中に早寝早起きをする規則正しい生活は、妊娠に良い影響を与える事は周知の事実です。なぜなら妊娠後に宿る母体が健康な事は胎児の成長において欠かせないと考えられているので、妊活中から母体作りとして健康でいる事は非常に大切な事だからです。

 

これは決してなんとなく体に良いと言われる健康法や言い伝えではなく、科学的な根拠からも推奨されています。

 

特に35歳を過ぎ妊娠しずらいと感じる人は、早寝早起きを試してみると良いです。

 

早寝早起きが妊娠に与えるメリット!

何故妊活中に早寝早起きが良いかと言うと、一つは体作りの為です。これから妊娠する子宮の環境を良くする為、規則正しい生活で血液循環を整えるのです。胎児は母体の血液から栄養を摂取するので、血液循環を整える事で胎児に沢山栄養を与える事が出来ます。

 

そしてもう一つ早寝早起きの効果は、ストレスに対する免疫が強くなると言う事です。ストレスが妊娠に大敵と言われているのは、ストレスを感じると体が戦闘態勢に入り自律神経を優位にさせる指令を出すので排卵着床等の生殖機能が後回しにされるからです。その為受精や着床障害が起き、妊娠そのものがしずらい体になってしまいます。

 

しかし日々の生活で全くストレスを溜めない事は難しい人も多いので、ストレスに対する免疫を持つ事が妊活中非常に大切になるのです。

 

質の良い影響が卵子と精子に与える影響!

早寝早起きにプラスして、質の良い睡眠も妊娠には大切です。質の良い睡眠は成長ホルモンを多く分泌するので、女性ホルモンが整い卵子に良い影響を与えます。

 

男性の場合は男性ホルモンを整える事で、精子の質と量に影響します。その為妊活中は夫婦共にぐっすりと眠る、早寝早起きを心がけると良いのです。

 

その為には昼と夜の区別をしっかりと付け、夜になったら眠くなる環境を作る事が効果的です。最近は家電の進化に伴い明るい部屋にブルーライトの映像等、夜でも目から入る明るさは昼と変わらない家庭が多いです。

 

それを夜眠る一時間前から間接照明に変える等で、体に眠る時間を言う合図を送ると良いです。

 

関連ページ

高齢妊活の時こそ夫婦そろって葉酸サプリが必須!
妊活って何をすれば良いの?妊活中にやるべきことについてまとめてみました!
妊活で一番大切なことはストレスを溜めないこと!
子供が欲しくて頑張っているのにまた今月も生理が来てしまった等、ただでさえ妊活にはストレスが溜まりやすい物です。それに加え周りからの子供はまだ?もしくは不妊である事をさとったかの様なあからさまな気遣いも、妊活中の女性には酷に感じる人が多いです。しかしそうしたストレスは生殖器と強い関係があり、ストレスが不妊の一因となる事もあるのです。その為妊活中の女性はストレスを溜めない様に、毎日楽しく過ごす事を心がけると良いです。
女性の妊活中は冷え性に注意!
女性は男性に比べて皮下脂肪が多いため寒さには強いのですが、脂肪が熱を通しにくい上に筋肉が少ないので体は冷えやすい状態となっています。特に妊活中の女性にとって冷え性は、妊娠率を低くしてしまう原因となりますので注意が必要です。なかなか妊娠しないという方も、一度自分自身の妊娠力を見直してみるのも良いでしょう。そこで今回は冷え性のために妊娠力が下がってしまう原因とその対処の方法について詳しくご紹介します。
妊活で夫婦の絆を深めよう!
夫婦間の絆が薄れてしまうということは妊娠出来るチャンスが薄れてしまうということに他なりません。赤ちゃんがなかなか出来ないと妊活は長期に及ぶ事がありますので、ストレスが溜まりやすくなります。そのような時に赤ちゃんが出来ないことを相手のせいにすると一気に夫婦仲がギスギスしてしまいます。しかし、この状況をピンチと考えるのではなく、夫婦の絆が深まるチャンスと考えてみることが大切です。
妊活のタイミングがなかなか合わない時に見て下さい♪
排卵検査薬などを使えばある程度は排卵日の予測はできますが、排卵日はずれることもありますし、忙しいのですれ違いなんてことは夫婦ではよくあること。そんなときはあまり排卵日に神経質にこだわらずにチャレンジしてみましょう。