妊活中のお酒はOK?NG?

妊娠中のアルコールは避けるべきとされていますが妊活中のアルコールは果たして良いのか悪いのか分からないという人は多くいるかと思います。

 

そこで今回は、妊活中のお酒は良いのか、また妊活中のお酒はどのような影響を及ぼすのかについて、ご紹介したいと思います。

妊活中のお酒は良い?悪い?

結婚して、そろそろ子供を授かりたいと考え、妊活中であるという方は、飲酒について、気になっていることと思います。

 

妊活中は、妊娠中とは、異なりますので、お酒はきっぱりと断った方が良いのか、どのくらいの量を飲むのがベストなのか分かりにくいですよね。

 

お腹に赤ちゃんがいないのだからお酒を飲んでも良いのではと言われたりすることもあれば、逆に妊娠しやすくなるには、お酒を断った方が良いのではと言われたりして、一体どっちが正しいのか分からなくなってしまうことがあります。

 

妊娠中と比較して、妊活中の飲酒による胎児への影響は、明確にはなされていませんので、ないと言って良いかもしれません。

 

しかし、1日2杯分、お酒を飲んだだけで、不妊となる確率が60%もアップすると言われています。

 

その理由にアルコールによって発生する活性酸素があります。肝臓はアルコールを分解する為に活性酸素を発生させます。活性酸素は、本来、ウイルスを攻撃し、体を健康に保ってくれる働きがありますので、大切なものではありますが過剰な飲酒によって、過剰な活性酸素が生成されると健康な細胞まで攻撃を受けて、酸化してしまいます。

 

これを酸化ストレスと言います。酸化ストレスは、卵子の細胞にまで影響を及ぼす為、卵子の質が低下する事で、妊娠しにくくなります。

 

このようなことから妊活中の飲酒は避けるべきであると言えます。

 

しかし、お酒が大好きな方にとって、断酒は難しくなるかと思います。禁酒によるストレスによって、益々活性酸素が発生してしまいかねませんので、お酒がきっぱり止められない場合は、週に1、2杯程度の飲酒に控えると良いでしょう。

 

妊娠中のお酒が与える胎児への影響とは?

妊活中の飲酒が赤ちゃんに与える影響については、明確にはされていないのが事実ですが、飲酒によって胎児の心臓や顔、知能の成長スピードが遅れる、或いは異常を起こすなどの報告もなされているのも事実です。

 

更に妊娠初期にアルコールを摂取することで、胎児の腸が影響を受けて、ヘソの緒から腸や肝臓などが飛び出る「臍帯ヘルニア」という病気になってしまう恐れがあります。妊娠していることに気がつくのは大体40日(4週間~5週間)と言われる妊娠し始めて間もない頃ですが、お腹の中では既に赤ちゃんに大切な器官が作られ始めています。

 

そのような大切な時期に飲酒してしまえば、赤ちゃんに及ぶ影響は大きいと飲酒することは避けるべきと容易に決断することが出来るでしょう。

 

妊活中であってもひょっとすると子宮の中で小さな細胞が息をしているかもしれないと想定し、しっかりと禁酒することを忘れないようにすることが大切です。

 

しかし、お酒を飲まないとどうしてもストレスが出てしまうという場合は、酸化によるストレスを緩和し、スムーズな妊活をサポートしてくれる抗酸化作用の高い赤ワインを飲むと良いでしょう。

 

赤ワインに豊富に含まれるポルフェノールが活性酸素をしっかりと取り除いてくれます。ですがワインは度数も高く、お酒はお酒ですので、くれぐれも飲みすぎないように注意してくださいね。

関連ページ

妊活ブルーから脱出するには?
妊活に励んでいるけどなかなか妊娠しない。そんな時に友人、同僚の妊娠を知るとかなり落ち込んでしまうことがあります。妊活が長期に渡れば渡る程、身体的にも精神的にも疲れ果ててしまいますよね。周囲の妊娠報告は、妊活ブルーの原因の一つです。そこで今回は、そんな妊活ブルーに陥った際の気持ちの持ち方、人間関係を円滑にする方法についてご紹介したいと思います。
気持ちをリフレッシュして、妊活を継続させよう!
妊活に励んでいたわけではないのに簡単に妊娠する女性がいる一方で、妊活を頑張っているのになかなか妊娠しない女性も多くいます。なかなか赤ちゃんが授からないと苛立ちや焦り、不安が募り、それがストレスとなって、益々、妊娠しにくくなってしまうことがあります。そうなってしまえばもう妊活なんて、止めてしまいたいという気持ちが強くなってしまいますよね。しかし、そこで負けてしまっては赤ちゃんに出会える日はより遠ざかって行きますので、気持ちを切り替えることが大切です。
妊活がつらいと感じたら・・・・とりあえずやめてみたら?
妊活をしている夫婦の多くは、夫婦のみで頑張る孤独な戦いを強いられています。妊活中はストレスが溜まる事が多いので、つらいと感じたらとりあえず辞めてみると言う選択肢もあります!
これから妊活!夫がEDの場合まず何をすれば良い?
妊活する場合、夫も妻と一緒に様々な妊活を行うこともあります。しかし、夫がEDであった場合は妊活が難しくなってしまいます。夫がEDの場合、まず何をすれば良いのでしょう?
妊活中に歯の検査・治療を受けるべき理由って?
歯周病は、歯を支える歯茎、またはその周辺が炎症を起こし、悪化すると歯が抜け落ちたり、口臭の原因にもなる歯の病気です。妊活中は、歯周病の検査を受けて、もし歯周病であった場合、出産までにはしっかりと治療しておく事が大切だと言われています。 しかし、それは一体なぜなのでしょうか?そこで今回は、妊活中に歯の検査・治療を受ける理由についてご紹介したいと思います。
妊活ストレスの原因&対処法って?
女性の社会進出や晩婚化に伴って増えているのが不妊で悩む女性です。女子会などでも話題になる程、「不妊」「妊活」という言葉は今、非常に身近なものとなっています。現代女性は仕事・家庭・義理の両親など多くの事と向き合わなければなりませんので、なかなか満足に不妊を解消する対策が取れないことがあります。ただでさえ仕事・家庭・義理の両親との付き合いでストレスを抱えているのにそこへ妊活ストレスがプラスされれば、益々妊娠しにくくなってしまうでしょう。そこで今回は、妊活ストレスの原因&対処法についてご紹介したいと思います。
不妊検査を夫婦で一緒に行くべき理由とは!?
どうしても不妊イコール女性の責任という認識の方が多いため、不妊治療が先に進まないケースが見られます。男性原因の不妊も増えているため男性が無関係ということはありません。夫婦二人の問題として取り組むことが大事ですね。
妊活中の体重コントロールの重要性知ってる?
実は肥満も痩せすぎもどっちも妊活にはNGなんです。そのため適正体重をキープしていくのが大事なんですよ。ホルモンのバランスを整えるのに体重コントロールは役立ちます。難しいかもしれませんが、無理しないのが大事ですね。
妊活中に美容成分にこだわる必要ある?
よく美容成分もばっちり入っていますという葉酸サプリを見かけます。これは個人の好みの問題なので絶対に美容成分が必要かというと何とも言えない部分ですね。食事がきちんととれているのであればこだわらなくてもいいかもしれません。
妊活中に青汁ってどうなの?夫婦で飲んだ方が良い?
葉酸摂取だけで注目するのであれば、やはり青汁よりは葉酸サプリの方が効率がいいでしょう。青汁は内容成分によっては妊活中に向かない成分が入っていることもありますので購入前にチェックが必要ですね。
妊活中に食べない方が良い食べ物って?
絶対に食べてはいけないというわけではありませんが、避けた方がいい食品を覚えておきましょう。あらかじめ食べる量を決めておくといいかもしれません。それがたとえ好きなものであったとしても、過剰摂取による副作用があれば控えた方がいいですね。
妊活中のダイエットは危険!?妊活女子の間違ったダイエット!
ダイエットがいけないというわけではありませんが、過剰にやりすぎると生理が止まってしまったり、無排卵になりますので注意が必要です。適正体重がわからない際は医師に聞いてみてもいいでしょう。痩せすぎも不妊の原因になってしまいます。
妊娠中にビタミンAを摂りすぎてはいけない理由って?
ビタミンAはそれ自体は体にいいものなのですが、過剰摂取は残念ながら奇形児ができてしまうリスクが高くなってしまいます。こういうと悪者に聞こえてしまいますが、適量取る分には体にいいものですので量を注意すればいいわけです。