妊活で一番大切なことはストレスを溜めないこと!

子供が欲しくて頑張っているのにまた今月も生理が来てしまった等、ただでさえ妊活にはストレスが溜まりやすいのです。

 

それに加え周りからの子供はまだ?もしくは不妊である事をさとったかの様なあからさまな気遣いも、妊活中の女性には酷に感じる人が多いです。

 

しかし、そうしたストレスは生殖器と強い関係があり、ストレスが不妊の一因となる事もあるのです。

 

その為妊活中の女性はストレスを溜めない様に、毎日楽しく過ごす事を心がけると良いです。

 

ストレスと生殖機能の深い関係

なぜストレスが生殖器と繋がり不妊の一因になるのかと言うと、生殖ホルモンの分泌を促す脳の下垂体がストレスに応対する器官だからです。何らかのストレスを受けると、脳は嫌だと言う気持ちの本能と抑えようとする理性で葛藤します。

 

すると脳にストレスがかかり、この状態に立ち向かう為に体を戦闘状態にするのです。その結果自律神経に作用する副腎皮質刺激ホルモンを分泌し、これが下垂体に届くと血糖値をあげて戦いに挑む体が出来上がります。この時本来であれば下垂体は生殖機能への指令を出し排卵、着床等を手助けするのに、戦闘態勢の時は生殖機能の事は後回しにされます。

 

その為ストレスによって生殖機能が落ち、不妊へと繋がってしまうのです。またこのホルモンは同時に免疫を弱らせるので、心身共に辛い状態になりやすくなります。

 

明るい未来の為に!今すぐ出来るストレス発散法!

ストレスと不妊には強い繋がりがある為、妊活中はストレスを溜めない事が一番です。そうは言っても毎月頑張っているからこそ、ストレスになってしまう人が多くいます。そんな時はまず、部屋を綺麗にして良い香りにすると良いです。

 

部屋にいる時はリラックス出来る様、自分の好きな空間にするだけで安心しストレス解消になります。そして生理が来てしまった時は翌月への希望と言う栄養を心に与えられる様になるまで、夫婦で心行くまで落ち込んでストレスを溜めない事です。

 

更に周りからの言葉や目線が気になる人は、気にしない様強い自分になるのが一番です。そんな人に左右されるより、まずは自分を一番に考える事が大切です。

 

関連ページ

高齢妊活の時こそ夫婦そろって葉酸サプリが必須!
妊活って何をすれば良いの?妊活中にやるべきことについてまとめてみました!
妊活中は早寝・早起きすることが大切!
妊活中に早寝早起きをする規則正しい生活は、妊娠に良い影響を与える事は周知の事実です。なぜなら妊娠後に宿る母体が健康な事は胎児の成長において欠かせないと考えられているので、妊活中から母体作りとして健康でいる事は非常に大切な事だからです。では、妊活中の早寝・早起きについてさらに詳しく見ていきましょう!
女性の妊活中は冷え性に注意!
女性は男性に比べて皮下脂肪が多いため寒さには強いのですが、脂肪が熱を通しにくい上に筋肉が少ないので体は冷えやすい状態となっています。特に妊活中の女性にとって冷え性は、妊娠率を低くしてしまう原因となりますので注意が必要です。なかなか妊娠しないという方も、一度自分自身の妊娠力を見直してみるのも良いでしょう。そこで今回は冷え性のために妊娠力が下がってしまう原因とその対処の方法について詳しくご紹介します。
妊活で夫婦の絆を深めよう!
夫婦間の絆が薄れてしまうということは妊娠出来るチャンスが薄れてしまうということに他なりません。赤ちゃんがなかなか出来ないと妊活は長期に及ぶ事がありますので、ストレスが溜まりやすくなります。そのような時に赤ちゃんが出来ないことを相手のせいにすると一気に夫婦仲がギスギスしてしまいます。しかし、この状況をピンチと考えるのではなく、夫婦の絆が深まるチャンスと考えてみることが大切です。
妊活のタイミングがなかなか合わない時に見て下さい♪
排卵検査薬などを使えばある程度は排卵日の予測はできますが、排卵日はずれることもありますし、忙しいのですれ違いなんてことは夫婦ではよくあること。そんなときはあまり排卵日に神経質にこだわらずにチャレンジしてみましょう。