妊娠中・妊活中にタバコが絶対NGな理由って?

近年、喫煙をする男性は減少傾向にあるのに対し、喫煙をする女性は増加傾向にあると言われています。

 

止めたくても止められないのがタバコかと思いますがタバコが健康を害するということは多くの方が理解しているはずです。

 

特に妊娠中や妊活中の喫煙に関しては絶対に良くないということは数多くの方が知っているかと思います。しかし、具体的に喫煙が与える悪影響についてはよく存じ上げないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、妊娠中や妊活中に喫煙が絶対にNGである理由についてご紹介したいと思います。

 

妊娠中の喫煙による影響とは?

妊娠中の喫煙が良くないとされる理由には以下があります。

  • 低出生体重児
  • 発育不全
  • 早産
  • 死産
  • 常位胎盤早期剥離
  • 自然流産

など、妊娠中に喫煙をすると上記のリスクが高まるとされています。

 

「低体重児、発育不全、早産」

喫煙によって、これらのリスクが高まると赤ちゃんの十分に成長し切れないまま産まれてしまいます。元気で健康な赤ちゃんを産む為にはお腹の中でしっかりと育ててあげることが大切です。

 

「常位胎盤早期剥離」

赤ちゃんがまだお腹の中にいる前に胎盤が子宮から剥がれ落ちてしまう疾患です。胎盤が剥がれると赤ちゃんは低酸素症に陥り、大変危険です。

 

また、剥がれた部分から有害物質が子宮や母体の血液に流れると血液が固まりにくくなり、出血多量によるショックや臓器障害を起こし、赤ちゃんだけではなくお母さんにも大変、危険が及びます。

 

妊娠中の喫煙は数多くの問題が!

このように妊娠中の喫煙は、数多くの問題が生じる確率がグッと高まります。

 

喫煙をしたから絶対に上記のような状況に陥ってしまうとは言い切れませんが確率が上がるということは確かな事ですので、妊婦さんはもちろんですがこれから赤ちゃんを授かりたいと考える妊活中の方にとっても喫煙のリスクは是非、知っておいて欲しいかと思います。

 

またすぐに止めることが出来ないのがタバコですので、妊活中に頑張って、禁煙をスタートさせて、健康な赤ちゃんを迎え入れる為の準備をしておくことが大切です。

夫婦揃って禁煙しよう!

副流煙という言葉をご存知でしょうか?

 

近年、この副流煙による健康被害を訴える人が増加傾向にあると言われています。

 

副流煙とは、タバコの先から出る煙の事です。喫煙者が吸う煙よりも有害物質が多くあると言われている為、タバコを吸っている人より、タバコによる害を大きく受けてしまうと言います。この受動喫煙による害を受けてしまうと本当に腹が立ちますよね。

 

特に妊娠、妊活している方にとって、禁煙は大切ですので、頑張って、禁煙をしているのに隣で、旦那さんが喫煙をしていると腹が立つだけではなく、非常にイライラするかと思います。

 

ただでさえ、イライラすることが多くなる妊娠、妊活です。余計なストレスをこれ以上抱える必要はありませんので、遠慮せずに旦那さんにもタバコを止めるように言いましょう。

 

赤ちゃんを望むのであれば早いうちから夫婦揃って、禁煙をすることが大切です。これによりきっと元気で健康な赤ちゃんを迎え入れる事が出来るでしょう。

 

関連ページ

卵子の老化を改善することはできるのか!?
卵子の数は増やすことができないというのをご存知でしょうか。女性の体には決まった数の卵子しかなく、かつ排卵のたびに数が減っていってしまいます。年を重ねるごとに質が落ちてしまうため、妊活では卵子の老化改善が注目されています。
子宮内膜症は現代病?不妊女性の半分が子宮内膜症?
現代病といわれるほど増加している子宮内膜症は、およそ10人に1人の割合となっています。子宮内膜症は完治する病気ではないので閉経まで長く付き合っていかなければなりません。この病気にかかると妊娠しにくいとされていますが絶対ではなく、無事に赤ちゃんを授かった人も大勢います。この記事では子宮内膜症や妊娠する確率について説明しています。そして、妊娠した際に病気が発覚した場合の治療方法などにも言及しています。
出産費用ってどのぐらい?あなたの不安取り除きます♪
出産費用は40万円前後です。手当金は出産後1か月から2か月程度してから支給されますので事前に準備しておく必要があります。医療保険に入っておくことで帝王切開などの追加費用にも対応できますので妊娠する前に検討してください。