妊娠力をUPする食べ物って?

赤ちゃんを授かりたいと日々、妊活に励んでいる方の中には、なかなか仕事が忙しくて、思うように妊娠力をアップさせることが出来ないと悩んでいらっしゃる方も多くいるかもしれません。

 

特に食生活に気を配れないという方は多いのではないでしょうか?

 

妊娠力を上げるには、毎日の食生活に妊娠力を上げる食べ物を取り入れることが大切です。

 

そこで今回は、妊娠力をアップさせる食べ物についてご紹介したいと思います。

 

妊娠力がアップする食べ物とは?

仕事が忙しいと家に帰って、料理するのが面倒になってしまいますよね。

 

疲れている時に無理をするとストレスが溜まり、益々妊娠しにくくなってしまいますので、そのような時は、是非、サプリを活用する事がオススメです。

 

しかし、余裕がある時は、しっかりと食生活に気を配ることが大切です。スムーズな妊娠を望むのであれば、尚更、サプリだけに頼らず毎日の食事に妊娠力を上げる食べ物を上手に活用することが重要です。

 

妊娠力を上げる食べ物とは、以下の通りです。

  • ビタミン豊富な食べ物
  • 体を温める作用がある食べ物
  • イソフラボンが豊富な食べ物

 

以上の事から妊娠を望んでいる方にベストな料理は、お鍋です。

 

お鍋には、ビタミンが豊富な野菜をたくさん入れますよね。特にニンジン、ほうれん草や春菊などの緑黄色野菜は妊娠中には必須な葉酸が豊富に含まれていますのでオススメです。プラス、脂肪分の少ないタラやホタテ、鶏のササミなどのタンパク質を入れると栄養バランスが整います。特にホタテには葉酸が豊富に含まれていますので、オススメです。

 

そして、お鍋は、体を温める食べ物ですので、冷えの予防・改善に効果が期待されます。冷えによって、血行が滞ると子宮の働きがダウンし、妊娠しにくくなりますので、温かい食べ物はオススメです。

 

また、女性ホルモンに良い影響を与える食べ物で有名なのがイソフラボンです。

 

イソフラボンは、豆腐や豆乳に豊富に含まれていますし、お鍋との相性も抜群ですので、大豆製品は是非、積極的に取り入れたいものですね。葉酸が豊富なブロッコリーたっぷりのシチューに豆乳を加えれば、妊娠力は間違いなくアップするでしょう。

 

葉酸サプリメントの活用術

妊娠力アップには、葉酸が豊富な緑黄色野菜、体を温めるお鍋など、女性ホルモンを活性化させるイソフラボンなどを積極的に摂る事は大変、有効ですが多忙の方の場合、なかなか普段の食事から妊娠力をアップさせるこれらの食べ物を上手に摂り入れられないことがあるかと思います。

 

そこでオススメなのが葉酸サプリによる妊娠力アップ方法です。

 

特に葉酸は、食品にはさほど多く含まれてはいませんので、普段から不足しがちな栄養素です。妊娠に大きな影響を与える葉酸が不足することは良くありませんので、しっかりとサプリで補いたいものです。

 

サプリであれば職場にも旅行先にも持ち運びが容易ですので、いつでもどこでも気軽に不足した葉酸を補うことが出来ます。ついうっかり摂取し忘れると言う事がありません。毎日、継続して摂取し続けられますので、より妊娠力がアップして行くことでしょう。

 

ちなみに体内利用率が高いと言われている種類の葉酸サプリは、合成葉酸サプリです。合成葉酸サプリは、妊活中の方が飲み続けられるように味、サイズにこだわって作られていますので、オススメです。

 

毎日、飲み続けることが大切ですので、味やサイズにもこだわってご自分が一番飲みやすい葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。

 

おすすめの葉酸サプリはkちら

 

 

関連ページ

妊活中のネガティブ思考に気をつけよう!
妊活中や不妊治療中というのは、ついついネガティブ思考になってしまいがちです。でも、ネガティブになっても良いことは何ひとつありません。
妊娠しにくくなる!?妊活中にNGな食品って?
赤ちゃんを授かりたいと願う女性にとって、日々の食生活に気をつけることは非常に大切です。食品によっては、妊娠しにくくなってしまう恐れもありますので、毎日の食事が妊活に悪影響を及ぼさないように食事管理は怠らないようにしましょう。そこで今回は妊娠しにくくなる恐れがある食品について、ご紹介したいと思います。
夫婦揃って妊活するメリットって?
昔は、妊娠出来ないのは全て女性のせいのように言われていましたが昨今、様々な研究や医学の進歩により、男性側にも問題があるということが明らかになって来ました。その為、夫婦一緒になって、妊活を行うという事は、非常に重要でありますので、現代では、夫婦揃っての妊活を推奨しています。そこで今回は、夫婦揃っての妊活は夫婦にどのようなメリットを与えるのかについて、考えてみたいと思います。
てんかん持ちの方は妊娠しても大丈夫?
てんかんの症状は、小さいものから大きいものまであります。小さいものだと周囲が気付かない事もありますが、大きいものだと長い間意識を失ってしまったり、手足が硬直して動かなくなってしまったりします。そういったてんかん持ちの人が妊娠すると、ママの体に影響する場合とお腹の赤ちゃんに影響する場合があります。これらのリスクをしっかりと理解しておく必要があります。そこで今回は、てんかん持ちの人が妊娠するとどのようなリスクがあるのかご紹介します。