妊娠中に想像した家庭と産後の現実と・・・

・妊娠中に想像した家庭
→現実の生活
・お風呂はパパがいれて、休みの日はパパが子育てを手伝ってくれる
→お風呂は毎日ママがいれて、たまにパパと入るとギャン泣き
→休みの日は昼まで寝てるパパにイライラ
→寝かしつけなんてしてもくれないし、オムツ替えもいちいち言わないとできない
・パパの帰りが遅い時は、寝室で子供の寝顔を見て、一日の疲れを癒す
→寝顔に癒されるどころか、寝室を覗く気さえない
→むしろ、うるさく帰宅して迷惑
・パパとママがお互い尊敬しあって、感謝のできる家庭
→パパに感謝できることが見つからない
→感謝の言葉も何もないから、何もする気になれない
→日々、どうでも良い存在になっていく
・子供の前ではパパの悪口は言わない
→ついつい言ってしまう
→パパがいるとママが不機嫌になるから、子供もあまりなつかない
・子供の今後について夫婦で話し合う
→そもそもあまり会わなくなったし、会いたくもない
→話しても無駄だし会話しない
・子供の為の貯金
→貯金どころか、子供の服やおもちゃも私の個人的なお金からで、家のお金からは予防接種代くらいしかだしてくれない
→子供の離乳食が進んでるのに食費は変わらず、足りるわけもない
→自分のことにしかお金を使わない旦那にイライラ
・唯一良かったこと
正中線治るという予想外の出来事