卵子の老化を改善することはできるのか!?

卵子の数は増やすことができないというのをご存知でしょうか?

 

女性の体には決まった数の卵子しかなく、かつ排卵のたびに数が減っていってしまいます。年を重ねるごとに質が落ちてしまうため、妊活では卵子の老化改善が注目されています。

 

老化改善は、妊娠しやすい体を作るだけでなく、女性の体に与えられるダメージを減らしてくれる効果も。

 

今体にある卵子の質をいかによくするかがポイントとなってきます。ここでは、今日から始められる質の良い卵子作りをご紹介いたします。

 

良い卵子を作るためにやってはいけない3つのこと

良い卵子を育てるためには、

  • 「体を冷やさない」
  • 「筋肉を衰えさせない」
  • 「食生活に気をつける」

この3つを意識しましょう。

 

「女性は体を冷やさないほうが良い」というのはよく耳にすると思いますが、なぜ冷やさないほうが良いのでしょう。理由の一つに、体温が低いことにより排卵がスムーズに行えなくなってしまうというのがあります。体温が低いことにより卵子が育たない・排卵が起こらないということが起こってしまうため、一定の体温を保てるようにしましょう。

 

筋肉を衰えさせないことが大事なのは、筋肉を鍛えることで代謝が上がり基礎体温があがるためです。基礎体温があがることによって免疫力も上がりますし、筋トレをすることによって血行が良くなり血流が良くなるのです。そうすることによって、卵子の質が良くなることにつながります。また、偏った食事を行うのは健康にもよくないですね。

 

体を冷やす食べ物・飲み物はなるべく避け、卵子の好物である「カリウム」が豊富に含まれたアボカドやバナナ、ほうれん草を摂るようにすると良いでしょう。

 

良い卵子作りを手助けしてくれる「葉酸サプリ」!

食生活や毎日の生活に気を使っていても、なかなか効果を実感できない時もありますよね。そんな時に良い卵子作りをサポートしてくれるのが「葉酸サプリ」。

 

食品だけではまかないきれない栄養素をサポートしてくれます。

 

葉酸とは、水溶性ビタミンB群の一種。細胞が作られる際に手助けを行う役割を持っているので、新しく細胞を作り出すために必要な栄養素です。「葉酸を摂取すれば卵子の老化を防げる」ということではありませんが、赤ちゃんの先天性奇形の予防や貧血など、胎内にいる時に栄養不足で起こってしまう障害のリスクを大きく減らすことができるのです。

 

妊娠を考え始めたら、赤ちゃんのためにも体作りが必要となってきます。日頃の生活を改善しながらも、葉酸サプリで栄養面をサポートすることをお勧めします。

 

 

関連ページ

子宮内膜症は現代病?不妊女性の半分が子宮内膜症?
現代病といわれるほど増加している子宮内膜症は、およそ10人に1人の割合となっています。子宮内膜症は完治する病気ではないので閉経まで長く付き合っていかなければなりません。この病気にかかると妊娠しにくいとされていますが絶対ではなく、無事に赤ちゃんを授かった人も大勢います。この記事では子宮内膜症や妊娠する確率について説明しています。そして、妊娠した際に病気が発覚した場合の治療方法などにも言及しています。
妊娠中・妊活中にタバコが絶対NGな理由って?
近年、喫煙をする男性は減少傾向にあるのに対し、喫煙をする女性は増加傾向にあると言われています。止めたくても止められないのがタバコかと思いますがタバコが健康を害するということは多くの方が理解しているはずです。特に妊娠中や妊活中の喫煙に関しては絶対に良くないということは数多くの方が知っているかと思います。しかし、具体的に喫煙が与える悪影響についてはよく存じ上げないという方も多いのではないでしょうか?
出産費用ってどのぐらい?あなたの不安取り除きます♪
出産費用は40万円前後です。手当金は出産後1か月から2か月程度してから支給されますので事前に準備しておく必要があります。医療保険に入っておくことで帝王切開などの追加費用にも対応できますので妊娠する前に検討してください。