流産の基礎知識記事一覧

流産が起きやすい時期は、もっとも多いのが初期です。初期に起こる流産は、稽留流産と言います。時期は妊娠6週から9週あたりまでに起きることが多いです。だいたいは心拍確認の時期に心拍が確認できずに流産が発覚するという流れです。ですが心拍確認後の次の検診で赤ちゃんが育っていなくて稽留流産と診断されることもあります。流産を経験した人のある一部のデータでは、7週・8週・9週あたりで流産したという人がもっとも多...

たまに「流産は初産の人に多い」というのを耳にしますが、実際にそういったデータがあるのでしょうか?調べてみましたが、どうやらそういったデータがあるわけではなさそうです。「初産は流産になりやすい」というのは事実としては少し違うようです。ですが安心するのはまだ早いです。初産は流産しないわけではないので、そこのところは間違わないようにしてくださいね。ただ、どうして「初産は流産しやすい」と思われているのでし...

流産したあとは、妊娠したいと望む女性も多いと思います。流産後は妊娠しやすいと言われているそうですが、実際はどうなんでしょう?ネットでの情報では「妊娠しやすい」と「流産後すぐの妊娠は流産しやすい」と両極端な意見がありました。実際のところ流産後にすぐ妊娠したという人もいるのも事実ですが、どの流産でもその後、妊娠しやすいというわけではないようです。まず、流産したという事実は、つまり「体は妊娠できる状態で...

妊娠したら、まず心配になるのが「流産」だと思います。意外と身近で流産を経験した人や芸能人などがたくさんいることに驚きます。流産は珍しいことではないのです。わたしは幸いにも流産の経験はまだ一度もありません。子供を2人無事に産んでいます。ですがわたしの友達でも二度流産した人や、初産は流産だったなどという知り合いもいます。流産っていざ自分の身にふりかかったら、とてもショックですよね。できることなら未然に...

もしもあなたが流産してしまったら、流産処置後はしばらく安静にしておく必要があります。できるなら2〜3日は安静にしましょう。お仕事の関係でゆっくりできない人もいるかもしれませんが、この時期はできるだけゆっくり過ごしてください。そして特に異常がなければ、徐々に普段の生活に戻っていくようにしましょう。目安として、まず流産の処置をしたら、その一週間後に一度診察があります。その診察で経過が良好であれば、安心...

一度流産になってしまうとせっかく自分の子どもを授かることが出来たのに、という精神的なショックを受けてしまいがちです。流産が原因でうつ状態になってしまう人もいるほどなので、しばらくは精神的に安定するまでリラックス出来る環境にするのがベストです。しかし、流産後は妊娠しやすい時期でもあるとされています。年齢による流産もあり得ることですが、流産した後でも妊娠が出来ると言うのであれば未だ妊娠を強く望んでいる...

嬉しかった妊娠から、突然の流産。計り知れないショックと悲しみの中、自分のことをせめてしまう人も多くいるでしょう。また、「今後妊娠しなかったら」「次に妊娠した時も同じことが起こったら」などと考えて思い悩み、不安でつぶれそうな毎日を送る人も。しかし、流産の種類によっては、流産後に妊娠しやすい母体の環境になる場合もあります。あきらめずに前向きに日々を過ごしてください。流産は、約15%もの高い確率で起こる...

無事に子供が産まれてくる事を願う気持ちは皆同じですが、実際妊娠した人の内2割の人が流産してしまうと言うデータがあります。初期の流産は染色体異常が原因の場合が多く、お腹に宿している女性の行動による結果ではないと言われています。しかし、それでも出来る限り流産防止の対策を取りたいのであれば、葉酸サプリが有効です。葉酸サプリは妊娠に必要な成分を多く含んでいるので、流産しにくい体を作ってくれると言われている...

妊娠が判明した人は無事に産まれてくる事を願うものですが、全体の2割弱は流産となってしまうデータがあります。中でも亡くなった赤ちゃんがお腹の中に留まっている稽留流産は、そのままではいけないのでお腹の中の胎児を取り出す手術が必要になります。これは夫婦にとって非常につらい経験ですが、実はこの稽留流産後は妊娠しやすいと言われているのです。なぜなら手術でお腹の中を綺麗にした事により、着床しやすい状態が作れる...

妊娠するととても嬉しい気持ちになりますが、残念ながら中には流産を経験する人もいます。流産とは、子宮の内膜に受精卵が着床したけれど、お腹の中で胎児として育たなかったため、胎内から流れて出て来る事を言います。それらの原因は様々ですが、多くの場合、胎児の染色体異常や胎児の臓器が育たなかった事が考えられます。そこで今回は流産してしまう確率と、それらの流産を予防するためには何をしたらいいのかについてご紹介し...

お腹の子供が産まれてくるのを楽しみにしていたのに、残念ながら天に戻ってしまう事は特別な事ではないです。残酷な現実として妊娠した女性のうち2割の人が流産を経験すると言われていますが、実は流産後は妊娠しやすい時期とも言われています。天に戻って悲しいけどまたお腹の中に宿せる様、流産後の女性は気丈に体を整え次の妊娠を待つ事が大切なのです。その一つに検査があり、どんな状態でお腹の中で成長が止まったかを調べる...

妊娠中の女性にとって流産は考えるだけでも辛い事です。流産してしまうのを避けるため、ストレスを貯めないよう気を付けたり食事に細心の注意を払ったりしている人も多いことでしょう。しかし残念ながら、どんなに注意深く生活を送ったとしても、何らかの原因で流産が起きる可能性はゼロではありません。もし万が一そうなってしまった場合、生まれて来られなかった赤ちゃんのために水子供養は行うべきなのでしょうか?最も大切なの...

妊婦が流産を起こしてしまう原因として挙げられるのは、激しい痛みを伴う腹痛や生理のような大量出血、ひどい腰痛など様々です。しかし、ストレスが原因で流産になることもあるのをご存知でしょうか?妊娠初期に流産してしまうのは胎児に問題がある場合が多くありますが、ストレスを感じることで緊張してしまい、アドレナリンが上昇することによって血行が悪くなってしまうのです。なぜストレスで流産してしまうのかご説明します。...

医学的な流産の原因は数多くあり、その中には男性側に原因があるものも存在するようです。医療の進歩が目覚ましい現代ですが、妊娠や出産を全て人の手でコントロールするまでには至っていません。妊婦に置いて流産の可能性は拭えない現状でしょうが、流産に関して取り除ける原因があれば、元気な赤ちゃんを無事に生むためにも気を付けることに越したことはありません。ここでは男性に関係する流産の原因について紹介していきます。...

妊娠初期で流産の可能性が高いのが12週目ごろまでです。特に胎児の心拍が確認できる8週目ごろまでは、子宮外妊娠や自然流産など母体の生活環境に関係なく先天的な理由で流れてしまうことがほとんどです。生理が規則正しい人は、大体6、7週目で妊娠に気づくことが多いですが、この頃からは性行為、旅行、薬、アルコール、たばこなどは控え特に日常生活に注意することが必要です。つわりもひどい妊娠初期は、胎児の臓器や脳など...

望んでいた赤ちゃんをやっと授かることが出来たのに流産していると診断された時の精神的ショックは計り知れないものです。流産の種類によっては手術を行わなければなりませんし、悲しんでいる時に説明を受けても耳に入ってこないことも珍しくありません。それでも流産手術の方法や費用など気になることは多くあります。流産の種類によっては保険が適用されることもあれば、されないこともあります。流産の種類はどんなものがあるか...

お腹の中に宿った生命が空に戻ってしまう流産は辛く悲しいものですが、原因は胎児の染色体異常がほとんどです。母体である女性の行動や食生活による物ではないので、流産後落ち込むだけ落ち込んだらまた前向きに妊活を始める事が望ましいです。妊活を再開する時期は人によりますが、生理が来てからが合図です。生理が定期的に来る様になると言う事は子宮の状態が回復した合図なので、また妊娠出来る体になったと言う事だからです。...

流産後の心身のケアはとても大切なことです。充分な休養をとり様々な不調が落ち着く頃、また頑張ってみようと思う人もいることでしょう。そこで気になるのが、基礎体温です。また赤ちゃんにお腹へ来てもらう為にも、基礎体温の様子は気になるところなのではないでしょうか。しかし、基礎体温がなかなか安定しないといった状況も考えられます。では、流産後の基礎体温はどのように変化していくのか、またどのようなパターンがあるの...

妊娠を経験した人の15%は流産の可能性があるように、決して少ない割合ではありません。一般的に予防が難しいと言われている流産ですが、注意すべき点はいくつかあります。その一つがカフェインをできるだけ摂取しないということです。コーヒーや紅茶に含まれているカフェインは、妊娠期に様々なトラブルを起こすことがあります。また、近年女性だけでなく、男性側のカフェイン摂取でも悪影響があるという研究結果も報告されてい...

残念な事実として、妊娠する女性のうち約2割の人が流産すると言うデータがあります。その多くは染色体異常が原因で母体である女性のせいではないですが、流産によって嘆き悲しむ人は多くいます。流産後はそんな心の状態に加え体の不調を訴える人は多く、中でも不正出血や腹痛に苦しむ人が多いです。しかし、不正出血や腹痛もいつかは終わる上に流産後は妊娠しやすいと言われているので、そんな状況を乗り超えて前に進める様になる...

妊娠中に葉酸を摂取すれば赤ちゃんだけではなく、母体にも良い影響が様々あると言われています。その中の一つとして、流産防止効果があります。そこで今回は、葉酸による流産の予防効果についてご紹介したいと思います。葉酸による流産防止効果とは?子宮の内膜が薄いと、受精卵が着床しにくくなることで、流産してしまう事があると言います。葉酸には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスを良くする働きがあります。これにより...