てんかん持ちの方は妊娠しても大丈夫?

てんかんの症状は、小さいものから大きいものまであります。小さいものだと周囲が気付かない事もありますが、大きいものだと長い間意識を失ってしまったり、手足が硬直して動かなくなってしまったりします。

 

そういったてんかん持ちの人が妊娠すると、ママの体に影響する場合とお腹の赤ちゃんに影響する場合があります。これらのリスクをしっかりと理解しておく必要があります。

 

そこで今回は、てんかん持ちの人が妊娠するとどのようなリスクがあるのかご紹介します。

 

てんかんがママの体とお腹の赤ちゃんにはどのような影響がある?

てんかん持ちの人が妊娠中にてんかんの発作が起きてしまうと、流産や早産をしてしまう可能性があります。

 

抗てんかん薬を飲むと、それらのリスクの可能性を低くする事が出来るため、妊娠をしてても必ず飲む必要があります。次にお腹の中の赤ちゃんへの影響ですが、てんかんが赤ちゃんに遺伝する要素はほとんどありません。

 

 

しかしママが妊娠中に飲む抗てんかん薬が、赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう事があります。ママが妊娠中に発作を起こさないようにするためには抗てんかん薬を飲んだ方が良いのですが、その薬を飲む事によって障害や奇形の症状を持つ赤ちゃんが産まれてくる可能性が高くなります。

 

抗てんかん薬にはいくつかの種類があるのですが、中にはそれらのリスクが倍以上になってしまう薬もあります。その人その人によって効く薬は異なるため、リスクを低くする薬に代えられないといった事もあります。

 

ママにとってもとても心配な事ですので、担当の医師としっかりと相談をして薬を選ぶ事が大切です。

 

葉酸サプリメントがてんかんにも効果あり?

妊婦さんにとって重要な栄養素となる葉酸は、赤ちゃんにとっても先天性の障害を防いだり、胎内で健康に成長していくのに必要となります。

 

抗てんかん薬には、血中の葉酸濃度が薄くなるといった副作用があります。つまり抗てんかん薬を飲んでいる人は、通常妊婦さんに必要となる葉酸量を摂取していても、薬の副作用によって葉酸が減少しています。そのため、赤ちゃんに障害や奇形の症状が出てしまう可能性も高くなるのです。

 

これらを防ぐためには、通常必要となる葉酸の摂取量よりも少し多めに摂取する事です。葉酸は1日1000μgを超えなければ、摂取しても問題ありません。

 

以上から抗てんかん薬を服用している人は、妊娠をする前から葉酸をしっかりと摂取しておく事が重要と言えます。最低でも、1日の葉酸摂取量が400μg以下にならないように心掛けましょう。てんかん持ちの人が妊娠をした際に生じるリスクは、ゼロにする事は出来ません。

 

しかしリ、スクを減らす事は出来ますので、積極的に摂取するようにしましょう。

 

葉酸サプリを選ぶなら、栄養価の高いものがおすすめです!とっても大切な時期ですので、栄養成分も豊富に含まれ、安全性を考慮して生産しているということが大切なポイントです♪

 

てんかん対策におすすめのコスパ抜群の葉酸サプリはこちら

 

 

関連ページ

妊活中のネガティブ思考に気をつけよう!
妊活中や不妊治療中というのは、ついついネガティブ思考になってしまいがちです。でも、ネガティブになっても良いことは何ひとつありません。
妊娠しにくくなる!?妊活中にNGな食品って?
赤ちゃんを授かりたいと願う女性にとって、日々の食生活に気をつけることは非常に大切です。食品によっては、妊娠しにくくなってしまう恐れもありますので、毎日の食事が妊活に悪影響を及ぼさないように食事管理は怠らないようにしましょう。そこで今回は妊娠しにくくなる恐れがある食品について、ご紹介したいと思います。
夫婦揃って妊活するメリットって?
昔は、妊娠出来ないのは全て女性のせいのように言われていましたが昨今、様々な研究や医学の進歩により、男性側にも問題があるということが明らかになって来ました。その為、夫婦一緒になって、妊活を行うという事は、非常に重要でありますので、現代では、夫婦揃っての妊活を推奨しています。そこで今回は、夫婦揃っての妊活は夫婦にどのようなメリットを与えるのかについて、考えてみたいと思います。
妊娠力をUPする食べ物って?
妊活中ってあれこれ考えてしまうかもしれませんが、一番大切なことは妊娠力をUPさせるということです。そこで、今回は妊娠力をUPさせる食べ物についてご紹介します!