そもそもつわりって何が原因?

妊娠して子供を出産するにあたって「つわり」がとてもつらかったと思う方は多いのではないでしょうか?

 

つわりは、妊娠初期から吐き気や食欲不振といった症状があります。程度や持続期間は個人差があり、症状が強く食欲不振で過度に体重が減少してしまう場合は重症妊娠悪阻と呼ばれます。

 

あまりに食べられない場合は医療機関を受診したほうが安心と言えます。

 

つわりの原因は、いまだ解明されておらず、ホルモンバランスの影響や自律神経の乱れなど様々な仮説があります。
つわりを少しでも和らげて、つらい時期を乗り越えましょう。

 

つわりが辛いときの対処法

つわりがおこってしまったらどうしたらよいのでしょうか?

 

食べづわりの方以外は、吐き気や嘔吐に悩まされる方が多数です。

 

妊娠すると、赤ちゃんのために栄養価の高いものを食べないといけないと考えると思いますが、吐き気があるときには無理をせずに食べられるものを摂取するように心がけましょう。

 

栄養バランスはつわりが落ち着いた時期からでも十分ですので、ストレスを感じないようにすることが赤ちゃんにとっても、ママにとっても大切になります。

 

妊娠初期に摂取したほうがよいと推奨されているのは葉酸です。赤ちゃんの脊椎の奇形のリスクを下げてくれる効果があります。

 

葉酸といっても飴になっていて手軽に摂取できるものや、野菜などではほうれん草などにも含まれているため手軽に補うことが出来ます。

 

家事に、ご飯作りなど全てを完璧にこなすことも思い切ってやめてみましょう。赤ちゃんとママがストレスなく過ごせるように周りにも協力してもらいながら、つわりを乗り切っていくことが大切です。

 

病院に行く目安は?!気を付けることは何か?

つわりが始まってしまったら、落ち着くまで乗り切るしかありません。しかし、嘔吐がひどく食べられない場合は体重が減ってしまいます。

 

多少吐き気で体重が減ってしまったとしても、問題はありません。しかし、水分が取れなくなってしまう場合はミネラルや電解質が不足になり脱水になってしまうため注意が必要です。

 

脱水になると、倦怠感や意識が朦朧とするなどの症状が出現します。これらは、重症妊娠悪阻と呼ばれており、点滴などで水分を補充する必要となります。

 

自分では脱水かどうか判断がつかない場合は、迷わず医療機関へ相談すると良いでしょう。

 

医療機関では、尿検査でも簡単に脱水かどうか調べることができます。もちろん外来通院で点滴を受けることも可能ですが、自分の体調を考慮した上で医師と相談することが必要です。

 

脱水が著明な場合では、一時的入院になることもあります。赤ちゃんのためにも過度な我慢はやめて周りに相談することが大切です。

 

関連ページ

つわりはいつからいつまで?
妊娠してから一番の不安はつわりです。色々な人の声を聞くと、つわりが一番つらいって言っていますよね!
つわりを軽減するためには葉酸をいつから摂れば良いの?
お腹の赤ちゃんに先天的異常が発生してしまうリスクを下げる効果ある葉酸は、つわり軽減にも効果があるのでしょうか?また、いつから葉酸を摂ることでつわり軽減効果を期待できるのでしょう?
つわりの時の食事ってどうすれば良いの?
妊娠初期には、つわりを発症するケースがとても多いです。日々の食事を思うようにできないと、お腹の赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなるのではないかと不安になってしまいます。つわりの時の食事ってどうすればよいのでしょうか?
私が効果を感じたつわり対策をご紹介!
つわり対策は色々な方法があります。つわりはとても辛い物なので、少しでも楽になるなら試してみる価値はあります。私自身が効果を実感したつわり対策についてご紹介します!
つわり中ってなんでニオイが気になるようになるの?
妊娠した喜びもつかの間、妊婦特有の症状つわりがやってきます。一刻も早く治まってほしいつわりの症状ですが、つわりの症状は人によって様々です。その中でもつわりの症状の一つとして多くの方が経験されるのが、ある特有のニオイがだめになってしまう症状です。今まで大丈夫だったニオイを嗅ぐだけで吐き気に襲われたり、気分が悪くなってしまったりする方が多くいらっしゃいます。どうしてつわり中ってニオイが気になるようになるのでしょう?
つわり中に食べやすいものってある?
妊娠期の悩みとして、いつも上位に挙がるのが「つわり」です。個人差はあるものの、約8割の人が、何らかのつわりを経験すると言われています。つわり中に食べやすいものってあるのでしょうか?
つわりで会社を休んでもOK?
妊娠していても出産直前まで働く女性も多いようです。会社によって規定が違うので 一概には言えませんが、休む基準をきちんと上司に確認するのが大事だと思います。適度に休憩を取ったり、交代で休みを取るなど周囲の理解を得るよう努力しましょう。
つわりにはいろいろな種類がある!
一口につわりとはいっても、まったくつわりの症状が出ない妊婦さんもいらっしゃいます。その一方、様々な症状で苦しいという方もいますし、人それぞれです。一般的なつわりの種類を覚えて対策を考えておくと安心ですね。工夫次第で症状を軽減させることは十分可能です。