つわり中に食べやすいものってある?

妊娠期の悩みとして、いつも上位に挙がるのが「つわり」です。個人差はあるものの、約8割の人が、何らかのつわりを経験すると言われています。

 

つわりには、においに敏感になる「においづわり」や、何かを食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」といった、いくつもの種類があります。中でも一番多くの人が経験するのが、気持ち悪さで何も食べられなくなるつわりです。

 

胃がムカムカし何も食べたくなくなる時期ですが、そんなときでも食べやすい食材もあります。

 

冷たい食べ物がおすすめです

ひどいつわりで食欲がないときは、冷たい食べ物がおすすめです。妊娠初期はにおいに敏感になっているため、温かい食べ物から発生する、湯気やにおいが原因で食欲がなくなっている場合があります。そんなときは冷蔵庫で冷やしたおにぎりやサンドイッチなど、冷えたものであれば、食べられる可能性があります。

 

また妊娠したらグレープフルーツが好きになる、と言われているように酸味がある食べ物も比較的食べやすくなっています。実際にトマトやヨーグルトなども、つわりの時期に人気の食材です。

 

もしつわりがひどく、固形物が喉を通らない場合は、野菜ジュースやゼリーなどで栄養を取ることも可能です。特に、嘔吐を伴うつわりの場合は脱水の危険もあるので、どれだけ体がつらくても水分だけはこまめに補給するよう心がけましょう。

 

食べられるものを食べましょう

つわりの時期に食べやすい食べ物には個人差があります。全員が同じような症状とは限らないため、自分が食べやすいと感じたものを食べてください。

 

妊娠中に一番大切なことは、栄養をしっかりと取ることです。特につわりがひどい妊娠初期の場合、胎児に送る栄養も少ないため、まずは母体優先で食事をしてください。ファストフードのポテトが無性に食べたくなる人もいるようですが、それを食べても問題ありません。

 

つわりはいずれおさまるものなので、まずは貧血や栄養失調にならないよう何かを食べることが重要です。安定期に突入し、つわりがおさまってきたらバランスの良い食事を取るよう意識しましょう。

関連ページ

つわりはいつからいつまで?
妊娠してから一番の不安はつわりです。色々な人の声を聞くと、つわりが一番つらいって言っていますよね!
つわりを軽減するためには葉酸をいつから摂れば良いの?
お腹の赤ちゃんに先天的異常が発生してしまうリスクを下げる効果ある葉酸は、つわり軽減にも効果があるのでしょうか?また、いつから葉酸を摂ることでつわり軽減効果を期待できるのでしょう?
つわりの時の食事ってどうすれば良いの?
妊娠初期には、つわりを発症するケースがとても多いです。日々の食事を思うようにできないと、お腹の赤ちゃんに栄養が行き渡らなくなるのではないかと不安になってしまいます。つわりの時の食事ってどうすればよいのでしょうか?
私が効果を感じたつわり対策をご紹介!
つわり対策は色々な方法があります。つわりはとても辛い物なので、少しでも楽になるなら試してみる価値はあります。私自身が効果を実感したつわり対策についてご紹介します!
そもそもつわりって何が原因?
妊娠して子供を出産するにあたって「つわり」がとてもつらかったと思う方は多いのではないでしょうか?つわりは、妊娠初期から吐き気や食欲不振といった症状があります。そもそもつわりって何が原因なのでしょう?
つわり中ってなんでニオイが気になるようになるの?
妊娠した喜びもつかの間、妊婦特有の症状つわりがやってきます。一刻も早く治まってほしいつわりの症状ですが、つわりの症状は人によって様々です。その中でもつわりの症状の一つとして多くの方が経験されるのが、ある特有のニオイがだめになってしまう症状です。今まで大丈夫だったニオイを嗅ぐだけで吐き気に襲われたり、気分が悪くなってしまったりする方が多くいらっしゃいます。どうしてつわり中ってニオイが気になるようになるのでしょう?
つわりで会社を休んでもOK?
妊娠していても出産直前まで働く女性も多いようです。会社によって規定が違うので 一概には言えませんが、休む基準をきちんと上司に確認するのが大事だと思います。適度に休憩を取ったり、交代で休みを取るなど周囲の理解を得るよう努力しましょう。
つわりにはいろいろな種類がある!
一口につわりとはいっても、まったくつわりの症状が出ない妊婦さんもいらっしゃいます。その一方、様々な症状で苦しいという方もいますし、人それぞれです。一般的なつわりの種類を覚えて対策を考えておくと安心ですね。工夫次第で症状を軽減させることは十分可能です。