妊活中・妊娠中に葉酸を飲む理由をまとめ!

妊活中・妊娠中の女性が気を付けたいことは沢山あります。

 

一般的には運動や早寝早起き、栄養バランスの良い食事などがあげられますが、加えて「葉酸を摂取すること」が含まれています。

 

しかし、なぜ「葉酸」という聞きなれないものを摂取することが推奨されるのでしょうか?その理由が分からないまま、定期的に摂取するのは難しいことですし、人によっては不安を感じてしまうかもしれません。

 

今回はその理由についてまとめてみました。

 

そもそも葉酸ってどんなもの?

葉酸は、ビタミンB群の仲間の一つです。水溶性ビタミンの一種でもあり、水に溶けやすい性質を持っています。ほうれん草の葉っぱから発見されたため、ラテン語で「葉」を意味する「folium」から「folic asid(葉酸)」と呼ばれるようになりました。

 

この葉酸を摂取すると、たんぱく質や核酸の作用に影響をもたらし、細胞の生産および再生を助けてくれます。つまり肉体の発育や新陳代謝などを促進してくれるものなのです。また、葉酸はビタミンB12と相互に作用し、赤血球の生産を助けます。

 

そして、妊娠中は母体の中で成長をしていく胎児の、赤血球の形成や細胞分裂を促進させます。こういった動きが活発化することで、胎児の正常な発育が促され、例えばダウン症などを始めとする各種のリスクを軽減できると考えられています。

 

更に、赤血球が作られることによって、女性に多い貧血の症状を緩和することも期待されます。

 

つまり、葉酸は母子共に健康な体を形成するのに欠かせない栄養素なのです。

 

葉酸の他の効果は?摂取するためには?

葉酸のもたらす作用は、それだけにとどまりません。

 

例えば、妊活中の人にとっては、貧血の他に生活習慣病や心臓疾患などのリスクを減らしてくれると考えられます。健康的な妊娠・出産のためには、まず健康な母体が欠かせません。

 

また、妊娠初期は勿論のこと、授乳期においても、葉酸不足が赤ちゃんの発育遅れの原因となる可能性があると示唆されています。

 

妊娠を検討した段階から、積極的な摂取が推奨される葉酸ですが、普段から野菜などを摂取する習慣がない人にとっては、なかなか難しいかもしれません。

 

葉酸の食事からの摂取は難しい?

ほうれん草やモロヘイヤなどの他、納豆、レバーペースト、たたみいわしなどが豊富に含まれている食材です。ただ、先ほども説明しましたが、葉酸は水溶性の栄養成分ですので、1日の必要量を摂取するのが難しいのです。

 

ですから、葉酸サプリメントを利用することがおすすめなのです。

 

なお、何事も過剰に摂取し過ぎることは良くないと言われますので、サプリなどを用いる場合は、用法用量を必ず守りましょう。ただ、水溶性ビタミンは水に溶けやすいため、尿で排出されやすい栄養素ですので、サプリを用いないのであれば、さほど神経質にならなくても大丈夫と言われています。

 

葉酸サプリを選ぶなら?

コスパで選ぶ葉酸サプリ

≫詳細ページ

妊活中の夫婦にはこの葉酸サプリ

 

≫詳細ページ

男性にはこの葉酸サプリ

 

≫詳細ページ

飲みやすい葉酸サプリ

 

≫詳細ページ

関連ページ

葉酸は流産を防止する働きがある!
葉酸は、妊婦にとって重要なもので、流産防止に効果があると言われています。葉酸について、その基礎的な知識や流産との深い関係について、今一度再確認することにしましょう。
35歳からの妊活にも葉酸サプリは必須アイテム!
妊娠に葉酸が良いと言う人は多いですが、良いとされる理由には科学的な根拠があります。35歳からの妊活に葉酸サプリが必須アイテムの理由について詳しく解説していきます!
葉酸サプリで「冷え&ストレス」を予防・改善しよう!
葉酸は私たちの体にとって大切な栄養素の一つですが妊婦にはとりわけ重要な栄養素である事は大変、有名です。しかし、一体なぜ葉酸が妊婦にとって、必要不可欠なのかについては、詳しくは知らないという方は多いかと思います。そこで今回は、妊娠・妊活中には是非、摂っておくべきと言われる葉酸の効果についてご紹介したいと思います。
妊娠中に葉酸サプリの安全性&重要性&効果って?
妊娠中に摂取すると母体に良い影響を与えると言われている葉酸サプリ。しかし、「デリケートな妊娠時期に服用しても安全?」「妊娠中に服用するとどんな効果があるの?」など、正直、詳しくは分からないという人も多くいるかと思います。そこで今回は、妊娠中の葉酸サプリの安全性と重要性、効果などについてご紹介したいと思います。