葉酸は流産を防止する働きがある!

葉酸は、妊婦にとって重要なもので、流産防止に効果があると言われています。

 

しかし、そもそも葉酸とは、どんな物質でしょうか。そして、なぜ流産防止に効果があるのでしょう?また、葉酸の摂取に際しては、若干の注意すべきこともあります。

 

妊婦にとって葉酸が大事であること自体は広く知られていますが、その詳しい内容を知る人は多くありません。
葉酸について、その基礎的な知識や流産との深い関係について、今一度再確認することにしましょう。

 

葉酸とは何?

葉酸は、ビタミンの一種であり、ホウレンソウの葉から発見されたため、葉酸と名付けられました。

 

葉酸は、水溶性ビタミンに分類されるもので、人間の体内でアミノ酸合成や核酸(DNA)合成に関与する物質(補酵素)です。

 

葉酸が不足すると、身体を作る働きに支障が発生します。葉酸が欠乏することによって起きる症状としては、貧血や免疫機能障害や消化器官機能障害や癌発生などがあり、妊娠時には、さらに加えて深刻な問題が発生します。

 

妊娠時での葉酸不足は、胎児に神経管閉鎖障害(二分脊椎症)を発症させる危険を高め、無脳児となる可能性も生じさせ、流産にもつながります。

 

葉酸は、細胞分裂の盛んな部分で多めに必要とし、胎児の発育にも不可欠の栄養素となり、妊娠時には通常時よりも多めに葉酸を必要とします。

 

ただし、過剰に摂取すると別の問題が発生するため、摂取には上限値があります。具体的数値で言えば、一般的には0.2mgの摂取が必要で、妊娠時には倍の0.4mgが必要で、上限値は1mg前後になります。

 

葉酸と流産との深い関係

妊娠中の胎児の発育異常は、流産や奇形児誕生につながります。葉酸は、胎児の発育に重要な働きをする栄養素で、これが不足することで胎児の発育異常が起き、流産や奇形児誕生にもつながるわけです。

 

胎児の発育異常としては、二分脊椎症、無脳症、ダウン症などがあり、仮に流産あるいは死産にならなくても、深刻な先天性異常の状態で生まれます。葉酸不足が原因となる流産のメカニズムは、このような胎児の奇形に類する発育異常によるものだけでなく、化学流産および稽留流産と呼ばれるタイプもあります。

 

化学流産とは、受精卵の着床が上手くいかず、子宮内膜から受精卵が脱落して初期段階の流産となるものです。葉酸は、子宮内膜を強化して、化学流産の防止効果があるとされます。

 

稽留流産とは、妊娠22週未満の時期に、胎児が子宮内で発育途中で死亡するものを言います。稽留流産の原因は一つではありませんが、葉酸不足による発育不足も含まれます。

 

葉酸は、胎児も母体も必要とする栄養素で、必要量を必ず摂取しなければなりません。

 

妊娠中におすすめの葉酸サプリはこちら

 

 

 

関連ページ

妊活中・妊娠中に葉酸を飲む理由をまとめ!
妊活中・妊娠中の女性が気を付けたいことは沢山あります。一般的には運動や早寝早起き、栄養バランスの良い食事などがあげられますが、加えて「葉酸を摂取すること」が含まれています。しかし、なぜ「葉酸」という聞きなれないものを摂取することが推奨されるのでしょうか?
35歳からの妊活にも葉酸サプリは必須アイテム!
妊娠に葉酸が良いと言う人は多いですが、良いとされる理由には科学的な根拠があります。35歳からの妊活に葉酸サプリが必須アイテムの理由について詳しく解説していきます!
葉酸サプリで「冷え&ストレス」を予防・改善しよう!
葉酸は私たちの体にとって大切な栄養素の一つですが妊婦にはとりわけ重要な栄養素である事は大変、有名です。しかし、一体なぜ葉酸が妊婦にとって、必要不可欠なのかについては、詳しくは知らないという方は多いかと思います。そこで今回は、妊娠・妊活中には是非、摂っておくべきと言われる葉酸の効果についてご紹介したいと思います。
妊娠中に葉酸サプリの安全性&重要性&効果って?
妊娠中に摂取すると母体に良い影響を与えると言われている葉酸サプリ。しかし、「デリケートな妊娠時期に服用しても安全?」「妊娠中に服用するとどんな効果があるの?」など、正直、詳しくは分からないという人も多くいるかと思います。そこで今回は、妊娠中の葉酸サプリの安全性と重要性、効果などについてご紹介したいと思います。